pyonpyon_logo

info_title

year_event_title

lunchi_tilte

enjibosyuu

園児募集バナー-01

google_title

walk_title

佐伯幼稚園の園内を散歩しませんか?
こらから始まるお子様の保育生活を園をさんぽしながら想像して下さい。
きっと笑顔のお子様が元気いっぱい遊んでるはずです♪

top_46

pyonpyon_image

pyon_tilte

幼稚園通園前のお子さまには入園後もスムーズに園に馴染めるよう、
集団生活の場を経験していただけます。保護者様には子育て中の
お悩みやお困りごとなど教育相談を行っております。
長年の幼児教育の経験からお役に立てるアドバイスをさせていただきます。

line_2_29

seifukutaitle_2

佐伯幼稚園の制服は35年前から変わらないトラディショナルな制服です。
上着は紺のブレザー、ズボンとスカートはタータンチェックでいつの時代も愛されるデザインです。
夏服は帽子があり、指定のポロシャツもしくは白のポロシャツでも大丈夫です♬

制服の機能性

①メッシュポケット ポケットがメッシュになっているので砂がたまらない!

②ウォッシャブル 制服がよごれてもすぐ洗えるので汚れを気にする必要はありません。

③エンブレムの簡単着脱 服に穴をあけずにつけられるので制服が傷む事がなく安心です。

top_99

top_66

top_68

education_title_2

ed_title_1

戸外での身体を使っての
あそび体験の中で、
育まれる体力を持った子ども

ed_title_2

つまづきや失敗体験の積み重ねの中で
育まれる自立心、忍耐力を持った子ども

ed_title_3

友だちとのあそびを通して育まれる
協調性、社会性を持った子ども

ed_title_4

保育体験の中で、
育まれる思いやりや
人間愛の持った子ども

ed_title_5

五感をフルに使う保育体験の中で、育まれる
豊かな感性と表現力を持った子ども

sinkansen_2

新しい友だちにであえます

佐伯幼稚園に入ると、今までに出会ったことのない多くの友だちと出会えます。
子どもたちは、友だちを通して自分を知り、友だちとの輪を広げることでより広い社会へ歩き始めるのです。
佐伯幼稚園は教育の場です。

子どもどうしの世界から、自立心が生まれます

はじめて親の手もとを離れる子どもたちは、あそぶにも、トイレに行くにも、手を洗うことも、すべてを自分ひとりでしていかなければなりません。
はじめは戸惑っていても、年長さんやお友だちの行動を見て学び、つまずきながら、自らすすんで行えるようになります。

小さな社会でルールの大切さを経験し学んでいきます

大勢のお友だちと仲良く園生活を送るには、守らなければならないルールがあります。
すべてが自分のものである「家庭」、園では「順番を待つ」というお約束や、「みんなで使う」という決まりなどのルールを経験のなかから学び、
社会性を身につけていき、自立できる子どもに育ちます。

創造するたのしさを知りはじめます。

絵を描いたり、ねんどや紙などで工作をしたり、砂場で夢の世界を造るのは大事な活動です。
子どもは自分でできたことに自信を持ち、よろこんで集中して取り組むことがよくあります。
佐伯幼稚園は子どもの創造力を素直に伸ばせるよう、「おしつけ」のない言葉掛けと指導を行います。

自然にふれて「いのち」の大切さを見つけます

佐伯幼稚園では、植物や生き物を育て「芝生」にやってくる小動物や自然に触れ合い、いのちの大切さを学びます。
又、友だちをいたわるやさしさを育み、心豊かな子どもへと成長していきます。

一人ひとりと集団を大切にします

3才期はひとり遊びの時期です。一人で遊びたいのに無理に集団に入ることは、幼児にとって
苦痛なものになってしまいます。
はじめは集団に入れなくても、その「ひとりあそび」時期を過ごすことが大切です。
個人と個性を見極め、「おしつけ」のない保育で子どもたちの成長を促します。

子どもは環境で育ちます

教育において、これで完璧だという事はありません。今、物質優先で心を忘れた教育によってさまざまな弊害が起きています。
幼児期の経験や体験は、その後の人格形成に大きな影響を与えます。
ただ放っておくだけでは子どもは育ちません。よい環境、刺激によって育ちます。
その見極めが我々保育者として、又、大人としての責任だと思っています。

passion_image_2

passion_title

佐伯幼稚園は、子どもが元気に楽しく通え、保護者も在園中は楽しんでいただける「子どもが主役」の幼稚園です。
そしてなによりも、先生が長く勤めておられ、楽しく保育に集中できる職場です。園児に対しての心がけは、「優しい気持ちとおしつけない言葉掛け」を心に、園児が「やってみよう」と思う気持ちを生み、自分で考え、気づいた行動を見守り、伸ばしていきます。
園児が思いっきり遊んでいただける幼稚園。それが佐伯幼稚園です。

top_73

top_77 佐伯幼稚園
top_83  〒610-0121 京都府城陽市寺田今橋68番地
top_86 0774−52−3669
faxbutton 0774−55−6877
top_79 9:45〜14:00*

*木曜日は2:30保育終了 保育終了時間が1時間遅くなり3:00になります。

top_116 保育終了〜17:00